不景気.com > 赤字決算 > ファミリーマートの第1四半期は純損益12.23億円の赤字

ファミリーマートの第1四半期は純損益12.23億円の赤字

ファミリーマートの第1四半期は純損益12.23億円の赤字

東証1部上場のコンビニエンスストア大手「ファミリーマート」は、2012年2月期第1四半期決算短信を発表し、四半期純損益が12億2300万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2012年2月期第1四半期連結業績:ファミリーマート

営業総収入 営業損益 純損益
12年2月期(1Q) 787億7500万円 91億3900万円 △12億2300万円
11年2月期(1Q) 778億800万円 86億8600万円 40億5100万円
通期予想 3189億円 385億円 100~120億円

東日本大震災の影響による物流の乱れなどはあったものの、ampmとの経営統合効果などから営業総収入および営業損益は前年同期に比べ増加を記録しました。

一方で、資産除去債務に関する会計基準の適用による74億4400万円の特別損失や、震災関連損失として37億1000万円の特別損失を計上したことから四半期純損益は赤字となりました。

なお、通期連結業績については従来の予想を据え置いています。

2012年2月期第1四半期決算短信:ファミリーマート

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事