不景気.com > 海外倒産 > 米書籍販売大手「ボーダース」が再建断念し清算へ、破産法下で

米書籍販売大手「ボーダース」が再建断念し清算へ、破産法下で

米書籍販売大手「ボーダース」が再建断念し清算へ、破産法下で

今年2月に連邦破産法第11章の適用を申請し経営再建を目指していたアメリカの書籍販売大手「ボーダーズ・グループ」は、再建を断念し会社清算する方針を明らかにしました。

1971年に設立の同社は、大手書籍販売チェーンとしてアメリカのみならずイギリス・オーストラリア・シンガポールなどにも進出し、ニューヨーク証券取引所に上場を果たすなど事業を拡大していました。

しかし、インターネット通販を利用した書籍販売の台頭に加え、消費不況や活字離れによる売上の低迷で業績が悪化したため、破産法第11章(日本の民事再生法に相当)の下で再建を目指したものの、支援スポンサーが見つからなかったことから再建を断念しやむなく今回の措置に至ったようです。

7月21日に行われる裁判所での聴聞会において清算手続の開始決定が下される予定で、早ければ翌22日より営業する399店舗の閉鎖作業に取り掛かり、従業員1万700人は清算が結了する9月末までに解雇される見通しです。

破産法申請時の負債総額は約12億9300万ドル(約1000億円)で、同社によると清算手続に用いられる破産法第7章ではなく、すでに申請している第11章の下で手続を進めるとのことです。

Hilco and Gordon Brothers to administer liquidation process - Borders

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事