不景気.com > 赤字決算 > 東京ドームの12年1月期中間期は純損益37億円の赤字見通し

東京ドームの12年1月期中間期は純損益37億円の赤字見通し

東京ドームの12年1月期中間期は純損益37億円の赤字見通し

東証1部上場のレジャー施設運営「東京ドーム」は、2012年1月期第2四半期(累計)の連結業績予想を下方修正し、当期純損益が37億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2012年1月期第2四半期(累計)連結業績予想:東京ドーム

売上高 営業損益 純損益
前回予想 397億円 43億円 18億円
今回予想 322億円 5億円 △37億円
前期実績 398億6300万円 42億5200万円 10億2200万円

東日本大震災や東京ドームシティアトラクションズでの事故による営業休止の影響で売上高の減少を見込むほか、今後も原発の影響で東京ドームホテルの客足減が想定されることから、純損益では前回の黒字予想を一転し赤字見通しとなりました。

なお、通期連結業績予想については、延期されていた野球やコンサートなどイベントの実施が見込まれることから、純損益では14億円の黒字を予想しています。

業績予想の修正に関するお知らせ:東京ドーム

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事