不景気.com > 企業不況 > ストロベリーコーポレーションが債務超過に係る猶予期間入り

ストロベリーコーポレーションが債務超過に係る猶予期間入り

ストロベリーコーポレーションが債務超過に係る猶予期間入り

大阪証券取引所は、ジャスダック上場のヒンジユニット製造「ストロベリーコーポレーション」を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定すると発表しました。

これは、2011年3月期決算において上場廃止基準となる債務超過に陥ったための措置で、2012年3月31日までに債務超過を解消できない場合は上場廃止となります。

主力となる携帯電話向け事業の低迷などで業績が悪化している同社は、事業縮小や人員削減などのリストラ策により業績回復を目指したものの、2012年3月期も最終赤字を予想するなど依然として厳しい経営環境に置かれています。

同社では「債務超過の解消は困難な状況」だと認識しており、今後は親会社「アドバネクス」(東証1部上場)の支援が得られるかが焦点となりそうです。

「債務超過」の猶予期間入り銘柄の指定(ストロベリーコーポレーション) :大証

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事