不景気.com > 赤字決算 > シャープの第1四半期は純損益500億円の赤字見通し

シャープの第1四半期は純損益500億円の赤字見通し

シャープの第1四半期は純損益500億円の赤字見通し

電機大手の「シャープ」は、2012年3月期連結業績予想を発表し、第1四半期純損益が500億円、第2四半期(累計)純損益が370億円のそれぞれ赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2012年3月期連結業績予想:シャープ

売上高 営業損益 純損益
第1四半期 6500億円 20億円 △500億円
第2四半期 1兆4800億円 320億円 △370億円
通期 3兆500億円 970億円 60億円

東日本大震災の影響により大型液晶工場の「堺工場」「亀山工場」で液晶パネルの生産を一時休止したことから、第1四半期・第2四半期の純損益では大幅な赤字見通しとなりました。

一方、事業構造改革の推進や経費削減策の実施により、通期純損益は黒字を見込んでいます。

業績予想に関するお知らせ | シャープ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事