不景気.com > 国内リストラ > 岡藤ホールディングス傘下の三京証券がFX事業から撤退

岡藤ホールディングス傘下の三京証券がFX事業から撤退

岡藤ホールディングス傘下の三京証券がFX事業から撤退

ジャスダック上場の「岡藤ホールディングス」は、100%出資子会社の「三京証券」が展開する外国為替証拠金取引(FX)事業を会社分割により他社へ譲渡し、同事業から撤退することを明らかにしました。

同グループにおいては、2002年にFX事業に参入した後、2008年からは三京証券が事業を展開していたものの、店頭取引の手数料無料化や取引所取引の台頭などで業績が悪化しているため、証券事業への注力を目的として今回の決定に至ったようです。

今後は、7月10日付でFX・商品先物取引などを手掛ける「ODL JAPAN」社へ事業を分割譲渡する予定となっています。

子会社のFX事業の会社分割に関するお知らせ:岡藤ホールディングス

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事