不景気.com > 赤字決算 > メガネスーパーの11年4月期は15.54億円の赤字、債務超過転落

メガネスーパーの11年4月期は15.54億円の赤字、債務超過転落

メガネスーパーの11年4月期は15.54億円の赤字、債務超過転落

ジャスダック上場のメガネ量販チェーン「メガネスーパー」は、2011年4月期通期決算を発表し当期純損益が15億5400万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2011年4月期通期業績:メガネスーパー

売上高 営業損益 純損益
10年4月期 250億6100万円 △4億1200万円 △42億5200万円
11年4月期 224億7200万円 △5億1400万円 △15億5400万円
12年(予想) 223億3400万円 7200万円 △2億4700万円

不採算店舗の閉鎖など経費削減策を実施したものの、東日本大震災により16店舗が長期休業を余儀なくされたほか、計画停電による営業時間の短縮や自粛ムードによる買い控えなどから、売上高は前期に比べ9.8%の減少となりました。

また、固定資産の減損損失などとして5億3500万円の特別損失を計上したため、純損益は前期に続き大幅な赤字となり、その結果、2011年4月期末時点で3億7700万円の債務超過に転落しました。

2011年4月期決算短信:メガネスーパー

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事