不景気.com > 国内倒産 > 大阪の専門紙発行「建設日報社」が自己破産申請し倒産へ

大阪の専門紙発行「建設日報社」が自己破産申請し倒産へ

大阪の専門紙発行「建設日報社」が自己破産申請し倒産へ

大阪市に本拠を置く専門紙発行の「建設日報社」は、5月30日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入り倒産する見通しが明らかになりました。

1955年に創業の同社は、1956年に建設業者向け日刊紙「建設日報」を創刊し、大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・和歌山の公共工事に関する情報を掲載するほか、「WEB版・建設日報」を立ち上げるなど事業を展開していました。

しかし、景気低迷による建設業界の落ち込みで発行部数が減少したほか、広告収入の減少も重なり業績が悪化したことから、5月30日付けで休刊し今回の措置に至ったようです。

産経新聞(電子版)が伝えたところによると、負債総額は約1億円の見通し。

建設日報社が業務停止、自己破産申請へ - MSN産経ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事