不景気.com > 赤字決算 > 日立電線の12年3月中間期は純損益30億円の赤字見通し

日立電線の12年3月中間期は純損益30億円の赤字見通し

日立電線の12年3月中間期は純損益30億円の赤字見通し

日立グループの電線・ケーブル製造子会社で東証・大証1部上場の「日立電線」は、2012年3月期第2四半期(累計)の連結業績予想を発表し、四半期純損益が30億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2012年3月期第2四半期(累計)連結業績予想:日立電線

売上高 営業損益 純損益
前回予想 未発表 未発表 未発表
今回予想 2000億円 △5億円 △30億円
前年同期 2075億8400万円 19億2300万円 8億1700万円

第2四半期累計会計期間においては、東日本大震災による電力使用量制限や材料調達不足・各種メーカーの生産調整などの影響が予想されることから、営業損益・純損益ともに赤字見通しとなりました。

一方、第3四半期以降はアジアをはじめとする海外経済の底堅さから業績の回復が予想されるため、通期会計期間においては黒字転換を見込んでいます。

業績予想の修正に関するお知らせ:日立電線

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事