不景気.com > 景気対策 > まだある高速道路のETC割引、上限1000円の割引終了後でも

まだある高速道路のETC割引、上限1000円の割引終了後でも

まだある高速道路のETC割引、上限1000円の割引終了後でも

東日本大震災の復興に必要な財源を確保するため、6月19日までに地方部上限1000円の休日特別割引や、各地の有料道路を無料化する「無料化社会実験」が終了しました。

しかし、最大5割引となる休日特別割引のほか、平日昼間割引や深夜割引は2014年3月まで、早朝夜間割引や通勤割引は期限なく継続されています。ここでは、現在も継続されている主な高速道路の料金割引をまとめてみます。

高速道路の主なETC割引:NEXCO東日本/中日本/西日本

種別 割引条件・内容
休日特別割引 地方部:終日5割引
東京・大阪近郊:6~22時は3割引、22~6時は5割引
平日昼間割引 入口または出口の料金所を平日6~20時に通過
100Kmまでの料金が3割引(東京・大阪近郊は対象外)
通勤割引 入口または出口の料金所を6~9時または17~20時に通過
100Kmまでの料金が5割引(東京・大阪近郊は対象外)
深夜割引 0~4時に高速道路を走行すると5割引
平日4~6時または20~24時に高速道路を走行すると3割引
早朝夜間割引 入口または出口の料金所を22~翌6時に通過
東京・大阪近郊を走行し、走行距離が100km以内なら5割引

土曜日・日曜日・祝祭日からなる休日特別割引については分かり易いですが、平日の割引は複雑なので、もう一度おさらいしてみましょう。

平日割引の時間帯と割引率(早朝夜間割引は除く)

時間帯 6~9時 9~17時 17~20時 20~24時 0~4時 4~6時
割引率 5割引* 3割引* 5割引* 3割引 5割引 3割引

*印は、当該時間帯に入口または出口の料金所を通過、100kmまでの分が割引対象、東京・大阪近郊は対象外。

ETCを搭載していれば曜日・時間帯にかかわらず最低3割引が適用されるので(厳密には割引対象外になる組み合わせも存在する)、高速道路の利用にETCは必須と言えそうです。

ETC・割引情報 | ドラぷら | NEXCO東日本

関連記事

「景気対策」最新記事

最新記事

アクセスランキング

注目記事