不景気.com > 不景気ニュース > 5月の新車販売は37.8%減の14.2万台、5月では過去最低

5月の新車販売は37.8%減の14.2万台、5月では過去最低

5月の新車販売は37.8%減の14.2万台、5月では過去最低

日本自動車販売協会連合会によると、2011年5月の新車販売台数(軽自動車を除く)は、前年同月比で37.8%減の14万2154台だったことが明らかになりました。

4月に引き続き、東日本大震災による部品調達の遅れなどからメーカーが生産の一時休止を余儀なくされたことが要因で、5月の月間販売台数としては統計を取り始めて以降で過去最低の結果となりました。

一方、月間販売台数で過去最低を記録した4月と比べると大幅な回復を見せていることから、部品供給が正常化するにつれて販売台数も上昇すると考えられます。

ブランド別で見ると、「スバル」「スズキ」が前年同月比で増加となったものの、「トヨタ」は同56.6%減となり4月に続き50%以上の減少を記録しました。

自販連のホームページ/統計データ/新車販売台数

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事