不景気.com > 企業不況 > 愛光電気が債権取立不能のおそれ、取引先の破産見通しで

愛光電気が債権取立不能のおそれ、取引先の破産見通しで

愛光電気が債権取立不能のおそれ、取引先の破産見通しで

ジャスダック上場の電設資材・機器卸「愛光電気」は、保有する債権について取立不能または取立遅延のおそれが生じたことを明らかにしました。

これは、同社の取引先となる電気設備工事の「酒井電気」(東京都港区)より破産手続開始の申し立てをする旨の通知を受けたためで、対象となる債権額は売掛金367万円、受取手形2800万円の合計3167万円。(最近事業年度末の純資産に対する割合は1.6%)

なお、当該債権については、2012年3月期に貸倒引当金として計上する予定ですが、通期業績予想の修正は行わないとのことです。

債権の取立不能のおそれに関するお知らせ:愛光電気

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事