不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース5/22、リストラや赤字業績が話題の1週間

週刊不景気ニュース5/22、リストラや赤字業績が話題の1週間

週刊不景気ニュース5/22、リストラや赤字業績が話題の1週間

5月16日から22日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。人員削減や赤字業績の発表が話題の1週間となりました。

破産(準備含む)により倒産したのは、産業機械輸入販売の「リッカーマン(日本)」、衣料品製造の「レーベインターナショナル」、神戸の建築工事「明和」。

また、人員削減を含むリストラ策を明らかにしたのは、「E・Jホールディングス」で60名、飲食チェーンの「ホッコク」で20名、スーパーマーケットチェーンの「ジョイス」で80名、「ホンダ」がブラジルで400名のほか、「ひまわり証券」の希望退職者募集に71名が応募しました。

そのほか、赤字業績を発表したのは、ファッションビル展開の「丸井グループ」、ホテル・リゾート業の「カラカミ観光」、金融・投資業の「RHインシグノ」、投資業の「アジア・アライアンス・ホールディングス」、カジュアル衣料品チェーンの「マックハウス」、震災損失を明らかにした「東京電力」、レストランカラオケチェーンの「シダックス」、工業デザインモデル製造の「アーク」となっています。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事