不景気.com > 赤字決算 > ソニーの11年3月期は純損益2600億円の赤字に修正

ソニーの11年3月期は純損益2600億円の赤字に修正

ソニーの11年3月期は純損益2600億円の赤字に修正

電機大手の「ソニー」は、2011年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が2600億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2011年3月期通期連結業績予想:ソニー

売上高 営業損益 純損益
前回予想 7兆2000億円 2000億円 700億円
今回予想 7兆1810億円 2000億円 △2600億円
前期実績 7兆2139億9800万円 317億7200万円 △408億200万円

東日本大震災の影響を受けたものの、被災した固定資産および棚卸資産などの原状回復費用は保険でカバーされるため、営業損益は前回予想を据え置き、また、売上高も微減にとどまる見込みとなりました。

一方、3年累積での純損失計上となることから、繰延税金資産の回収可能性を慎重に検討した結果、3600億円におよぶ引当金の計上が必要との判断に至り、従来の黒字予想を一転し大幅な赤字見込みとなりました。

なお、当該引当金は非現金支出費用のため、営業利益やキャッシュフローに影響を及ぼすものではないとのこと。

連結業績予想の修正に関するお知らせ:ソニー

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事