不景気.com > 買収合併 > マイクロソフトがネット通話の「スカイプ」を85億ドルで買収

マイクロソフトがネット通話の「スカイプ」を85億ドルで買収

マイクロソフトがネット通話の「スカイプ」を85億ドルで買収

ソフトウェア大手の「マイクロソフト」は、ルクセンブルクに本拠を置くインターネット通話大手の「スカイプ」を85億ドル(約6800億円)で買収すると発表しました。

2003年に設立のスカイプは、2005年にインターネットオークション最大手の「イーベイ」に買収されると、2009年には投資会社「シルバーレイク」の傘下となるなど頻繁に親会社が変更されたものの、パソコン同士の無料通話を始めとするサービスで着実な成長を遂げてきました。

一方のマイクロソフトは、主力ソフトウェアの「ウィンドウズ」や「オフィス」が頭打ちとなる中、近年はインターネット関連事業での収益拡大を目指していることから、パソコンのみならず携帯電話の「Windows Phone」やインターネットへの接続機能を持つゲーム機「Xbox」への展開が見込めるスカイプの買収に至ったようです。

Microsoft to Acquire Skype: Microsoft

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事