不景気.com > 赤字決算 > レオパレス21の11年3月期は純損益408億円の赤字見通し

レオパレス21の11年3月期は純損益408億円の赤字見通し

レオパレス21の11年3月期は純損益408億円の赤字見通し

東証1部上場のアパート賃貸大手「レオパレス21」は、2011年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が408億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2011年3月期通期連結業績予想:レオパレス21

売上高 営業損益 純損益
前回予想 5040億円 △100億円 △163億円
今回予想 4843億円 △236億円 △408億円
前期実績 6203億7600万円 △297億2700万円 △790億7500万円

長引く不況による需要の減少や、繁忙期に発生した東日本大震災の影響で売上高は前回予想を下回るほか、減損損失として22億円、震災関連損失として12億円の特別損失、また、繰延税金資産76億円を取り崩すことから、利益面では前期に続き大幅な赤字に陥る見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:レオパレス21

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事