不景気.com > 不景気ニュース > 阪急阪神百貨店が「神戸阪急」を12年9月までに閉店

阪急阪神百貨店が「神戸阪急」を12年9月までに閉店

阪急阪神百貨店が「神戸阪急」を12年9月までに閉店

エイチ・ツー・オー・リテイリング傘下の「阪急阪神百貨店」は、兵庫県神戸市にて営業する「神戸阪急」を2012年9月までに閉店すると発表しました。

1992年にオープンの同店は、地下1階・地上6階・営業面積3.3万平方メートルの百貨店で、神戸ハーバーランド地区の核商業施設として地元・神戸の買い物客を中心に広く利用されていました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みで売上が大幅に減少するなど厳しい環境が続いていることから、百貨店としての営業継続は困難と判断し今回の決定に至ったようです。

今後は2012年9月末の賃貸借契約満了をもって契約を更新しない方針で、閉店時期の詳細については改めて明らかにするとのこと。

神戸阪急の営業終了について:エイチ・ツー・オー・リテイリング

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事