不景気.com > 雇用問題 > 震災による失業者が10万人を超える、岩手・宮城・福島の3県で

震災による失業者が10万人を超える、岩手・宮城・福島の3県で

震災による失業者が10万人を超える、岩手・宮城・福島の3県で

厚生労働省は、岩手・宮城・福島の3県において、東日本大震災の翌日3月12日から5月13日までに失業した人の数が10万6461人になったと発表しました。

これは、3県のハローワークにおいて離職票の交付を受けた人の数で、前年同期に比べ2.4倍の大幅な増加を示していることから、震災による影響を強く反映した数値だと考えられる一方、被災者の中には届出の済んでいない人も多いと考えられるため、さらなる失業者数の増加が懸念されます。

なお、県別で見ると、失業者数がもっとも多かったのは宮城県の4万6194人で、次いで福島県の3万7414人、岩手県の2万2853人となっています。

震災による雇用の状況(速報値)|報道発表資料|厚生労働省

関連記事

「雇用問題」最新記事

最新記事

アクセスランキング

注目記事