不景気.com > 赤字決算 > 日立電線の11年3月期は純損益129億円の赤字、震災の特損で

日立電線の11年3月期は純損益129億円の赤字、震災の特損で

日立電線の11年3月期は純損益129億円の赤字、震災の特損で

日立グループの電線・ケーブル製造子会社で東証・大証1部上場の「日立電線」は、2011年3月期通期連結決算を発表し、当期純損益が129億9300万円の赤字に陥ったことを明らかにしました。

2011年3月期通期連結業績:日立電線

売上高 営業損益 純損益
10年3月期 3724億5000万円 △63億8100万円 △91億1000万円
11年3月期 4192億7900万円 7億8800万円 △129億9300万円
12年(予想) 未発表 未発表 未発表

銅価の上昇などにより売上高は前年同期を上回ったものの、東日本大震災による固定資産・たな卸資産などの損失として59億2500万円、液晶用COF製造子会社の事業撤退に伴う設備などの減損損失として42億1500万円の特別損失をそれぞれ計上したことから、純損益では前年同期に比べ赤字幅拡大となりました。

2011年3月期決算短信:日立電線

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事