不景気.com > 景気対策 > 住宅エコポイントの対象期間が7月末までに短縮、5ヶ月前倒し

住宅エコポイントの対象期間が7月末までに短縮、5ヶ月前倒し

住宅エコポイントの対象期間が7月末までに短縮、5ヶ月前倒し

経済産業省および国土交通省は、景気対策として実施している「住宅エコポイント事業」について、ポイントが発行される工事の対象期間を5ヶ月間前倒しすると発表しました。

想定を上回る申請により予算が枯渇する見込みのため、これまでは新築・リフォームともに12月末までとしていた工事の対象期間を7月末までに短縮する方針。なお、ポイントの申請期限および交換期限については変更ありません。

住宅エコポイント制度の開始当初は2010年12月末までを対象期間としていたものの、景気回復にはもうしばらく時間が必要との判断から、2010年9月には1年間の延長を決定していました。

ポイントが発行される工事の対象期間の短縮のお知らせ | 住宅エコポイント

関連記事

「景気対策」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事