不景気.com > 企業不況 > DPGホールディングスの上場廃止が決定、報告書の虚偽記載で

DPGホールディングスの上場廃止が決定、報告書の虚偽記載で

DPGホールディングスの上場廃止が決定、報告書の虚偽記載で

名古屋証券取引所は、名証セントレックス上場で宅配中華「チャイナクイック」などを展開する「DPGホールディングス」を6月14日付で上場廃止にすると発表しました。

これは、債務超過の状態を故意に隠すなど有価証券報告書に虚偽の内容を記載したと名証が判断したための措置で、5月13日から6月13日まで整理銘柄に指定された後、上場廃止となります。

同社を巡っては、これまでにも「不適当な合併等」「時価総額」「債務超過」など上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定されており、その動向に注目が集まっていました。

上場廃止の決定および整理銘柄指定に関するお知らせ:DPGホールディングス

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事