不景気.com > 不景気ニュース > エンタメ情報誌「ぴあ」首都圏版が7月で休刊、39年の歴史に幕

エンタメ情報誌「ぴあ」首都圏版が7月で休刊、39年の歴史に幕

エンタメ情報誌「ぴあ」首都圏版が7月で休刊、39年の歴史に幕

東証1部上場のチケット販売大手「ぴあ」は、エンターテインメント情報誌「ぴあ」(首都圏版)を7月21日発売号をもって休刊すると発表しました。

1972年に創刊の同誌は、エンターテインメント情報誌の草分けとして映画・コンサートなどのイベント情報を扱い、ピーク期には53万部の発行部数を誇るなど売上は好調に推移していました。

しかし、インターネットの普及による雑誌離れや景気低迷の影響で、発行部数はピーク期の10分の1程度にまで落ち込むなど業績が悪化したため、これ以上の発行継続は困難と判断し39年の歴史に幕を閉じる決断に至ったようです。

情報誌「ぴあ」の休刊に関するお知らせ:ぴあ

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事