不景気.com > 海外倒産 > フィラデルフィア管弦楽団が破産法第11章を申請し倒産へ

フィラデルフィア管弦楽団が破産法第11章を申請し倒産へ

フィラデルフィア管弦楽団が破産法第11章を申請し倒産へ

アメリカ・ペンシルベニア州に拠点を置くオーケストラ「フィラデルフィア管弦楽団」は、近日中にも連邦破産裁判所へ破産法第11章(日本の民事再生法に相当)を申請する見通しが明らかになりました。

1900年に創立の同管弦楽団は、歴史ある全米有数のオーケストラとして高い知名度を有し、また、国内のみならず海外にも活動の場を広げるなど評価を得ていました。

しかし、景気低迷によるチケット販売や寄付金の落ち込みで赤字に陥るなど資金繰りが逼迫したため、このままでの事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

なお、今後は予定通り公演を続けながら、同法の下で再建を目指す方針。

The Philadelphia Orchestra enters reorganization

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事