不景気.com > 企業不況 > LTTバイオファーマに監理銘柄(確認中)指定、不適当な合併等で

LTTバイオファーマに監理銘柄(確認中)指定、不適当な合併等で

LTTバイオファーマに監理銘柄(確認中)指定、不適当な合併等で

東京証券取引所は、東証マザーズ上場でドラッグデリバリーシステムによる医薬品開発の「LTTバイオファーマ」を4月1日付で監理銘柄(確認中)に指定すると発表しました。

これは、2007年9月に「アスクレピオス」(非上場)を株式交換で完全子会社化したことに伴い、LTTバイオファーマが実質的な存続会社でないと認められたため、2011年3月31日を期限とする「合併等による実質的存続性喪失に係る猶予期間入り」銘柄に指定されていたものの、当該期間において新規上場審査基準に係る審査申請を行えなかったことから今回の指定となりました。

この決定により、7月上旬頃(有価証券報告書提出日から8日以内)までに審査申請を行わなかった場合は上場廃止となるものの、同社によると「現時点で審査申請を行える目処がたっていない」とのことで、今後の動向に注目が集まります。

東証 : 監理銘柄(確認中)の指定について-LTTバイオファーマ-

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事