不景気.com > 企業不況 > LCA・石垣食品・モンテカルロが猶予期間入り、時価総額基準で

LCA・石垣食品・モンテカルロが猶予期間入り、時価総額基準で

LCA・石垣食品・モンテカルロが猶予期間入り、時価総額基準で

東京証券取引所および大阪証券取引所は、4月1日付で東証2部上場の「エル・シー・エーホールディングス」(LCA)、ジャスダック上場の「石垣食品」「モンテカルロ」を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定すると発表しました。

このうち、「LCA」については、3月の時価総額が上場株券等の数に2を乗じて得た数値未満となったための措置で、猶予期間となる6月30日までに当該事由を解消できない場合は上場廃止となります。

一方、「石垣食品」「モンテカルロ」については、3月の時価総額が3億円未満となったための措置で、原則として猶予期間の12月31日までに所定額を超えない場合は上場廃止となります。

LCAでは、「財務面においては依然として厳しい状況が続いており、延滞債務の繰延や債務免除、第三者割当増資などを実施し債務超過の解消を目指す」との意向を明らかにしています。

東証 : 上場廃止に係る猶予期間入りについて -エル・シー・エーホールディングス-
「上場時価総額」の猶予期間入り銘柄の指定:石垣食品,モンテカルロ:大証

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事