不景気.com > 企業不況 > 日本アジアグループが債権27.85億円取立不能のおそれ

日本アジアグループが債権27.85億円取立不能のおそれ

日本アジアグループが債権27.85億円取立不能のおそれ

東証マザーズ上場の「日本アジアグループ」は、金融サービス子会社「日本アジアホールディングス」が保有する債権について取立不能のおそれが発生したことを明らかにしました。

これは、旧子会社の投資業「港実業」および酒類販売「イー・エル・シー」が事業継続を断念し解散を決議したためで、2社に対する債権額の合計は貸付金となる27億8500万円。

同社によると、当該債権額については2社が保有する上場有価証券を回収し充当するものの、連結業績に影響を与える場合は速やかに公表するとのこと。

企業再生事業撤退に伴う債権整理状況に関するお知らせ:日本アジアグループ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事