不景気.com > 国内倒産 > 大阪の食肉加工販売「アイマック」が自己破産申請し倒産へ

大阪の食肉加工販売「アイマック」が自己破産申請し倒産へ

大阪の食肉加工販売「アイマック」が自己破産申請し倒産へ

東京商工リサーチによると、大阪市北区に本拠を置く食肉加工販売の「アイマック」は、4月15日までに事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入り倒産する見通しが明らかになりました。

1991年に設立の同社は、食肉の輸入および加工販売を主力とするほか、1994年には子会社を設立し飲食店経営にも進出。2002年に東京営業所を開設すると、2007年には熊本工場の操業を開始するなど業績は順調に推移していました。

しかし、2008年に一部商品をブランド牛に偽装して販売したとして、農林水産省から不適正表示の指摘を受けるなど信用は失墜し、以後も景気低迷による消費の落ち込みや、口蹄疫問題による売上減で業績は悪化の一途を辿ったため、遂に事業継続を断念し今回の措置に至ったようです。

2010年7月期末時点の負債総額は約36億5000万円の見通し。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事