不景気.com > 国内倒産 > 仙台の高級和食「銀たなべ」が自己破産申請し倒産へ、震災で

仙台の高級和食「銀たなべ」が自己破産申請し倒産へ、震災で

仙台の高級和食「銀たなべ」が自己破産申請し倒産へ、震災で

宮城県仙台市に本拠を置く高級和食店経営の「銀たなべ」は、4月23日までに営業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入り倒産する見通しが明らかになりました。

1948年に創業、1955年に法人化した同社は、仙台市内にて割烹料理などの高級和食店を数店舗経営し、接待や会食などで利用されるなど高い知名度を有していました。

しかし、景気低迷による消費の落ち込みから売上が激減したことに加え、東日本大震災の影響で一時営業休止に追い込まれるなど業績が悪化。営業再開後も自粛ムードで客足が戻らぬ中、これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

朝日新聞(電子版)によると、負債総額は約5億円の見通し。

asahi.com : 仙台の高級料理店「銀たなべ」破産申請へ 負債5億円

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事