不景気.com > 赤字決算 > ダイトーケミックスの11年3月期は16億円の最終赤字へ、震災で

ダイトーケミックスの11年3月期は16億円の最終赤字へ、震災で

ダイトーケミックスの11年3月期は16億円の最終赤字へ、震災で

大証2部上場で感光性樹脂・写真・印刷材料など化学製品製造の「ダイトーケミックス」は、2011年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が16億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2011年3月期通期連結業績予想:ダイトーケミックス

売上高 営業損益 純損益
前回予想 127億円 △10億円 △11億円
今回予想 125億円 △8億円 △16億円
前期実績 123億4000万円 △7億1500万円 △8億7400万円

東日本大震災の影響により、連結子会社の「岩手ケミカル」に貸与していた工場建屋および設備が全壊したほか、原料・製品の廃棄や土地についても資産評価の見直しが必要となったことから、災害関連費用として5億1800万円の特別損失を計上することとなりました。

なお、期末配当を前回予想の2円から無配(年間配当は2円)とすることも合わせて明らかにしています。

業績予想の修正に関するお知らせ:ダイトーケミックス

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事