不景気.com > 赤字決算 > 第一生命が東電株の下落で1104億円の有価証券評価損を計上

第一生命が東電株の下落で1104億円の有価証券評価損を計上

第一生命が東電株の下落で1104億円の有価証券評価損を計上

東証1部上場の「第一生命」は、2011年3月期第4四半期にて1104億円の有価証券評価損を計上すると発表しました。

東日本大震災による原発事故に伴い、保有する「東京電力」の株式が大幅に下落したことが主因とみられ、2010年3月期末時点の純資産に対する当該評価損額の割合は11.5%相当となっています。

また、震災による保険金等の支払額として約310億円を見込んでおり、今後は保険契約準備金への積み立てを予定しているとのこと。

2011年3月期第4四半期・有価証券評価損に関するお知らせ:第一生命

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事