不景気.com > 国内倒産 > 宮城の機械製造「旭搬送機工業」が破産申請し倒産へ、被災で

宮城の機械製造「旭搬送機工業」が破産申請し倒産へ、被災で

宮城の機械製造「旭搬送機工業」が破産申請し倒産へ、被災で

宮城県岩沼市に本拠を置く機械製造の「旭搬送機工業」は、4月14日付で事業を停止し、自己破産申請の準備に入り倒産する見通しが明らかになりました。

1979年に設立の同社は、タイヤ・ゴム製造周辺設備や各種搬送設備などの機械製造を主力に事業を展開し、1992年には仙台空港の近くに本社工場を新設するなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による受注の減少で業績が悪化していたことに加え、東日本大震災による津波で工場が被災し復旧が困難になったことから、これ以上の事業継続は不可能と判断し今回の措置に至ったようです。

読売新聞(電子版)が伝えたところによると、負債総額は約4億4000万円の見通し。

宮城の機械メーカー、直接被災企業では初の倒産 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事