不景気.com > 企業不況 > アークが200億円超のDES・債権放棄を要請、支援機構の下で

アークが200億円超のDES・債権放棄を要請、支援機構の下で

アークが200億円超のDES・債権放棄を要請、支援機構の下で

東証1部上場の工業デザインモデル製造業「アーク」は、3月31日付で企業再生支援機構から支援決定の通知を受けたと発表しました。

この決定に伴い、主要取引金融機関に対し最大で205億8000万円の債務の株式化(DES)と、最大で28億1000万円の債権放棄による金融支援を要請するほか、支援機構を割当先とする約90億円の第三者割当増資を実施し資金調達を行う方針。

工業デザインモデル分野で国内トップシェアを誇る同社は、買収による積極的な事業拡大で業績を伸ばしたものの、経営管理体制の構築が遅れたことに加え、景気低迷による業績不振が重なり経営は悪化。2008年3月期末時点の有利子負債は総額で1501億円にまで膨れ上がるなど財務状況が逼迫したため、負債削減が急務と判断し今回の措置に至ったようです。

なお、これら金融支援を最大値で実施した場合、株式の希薄化は10倍を超える可能性があるとのこと。

企業再生支援機構によるアークへの支援決定のお知らせ:アーク

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事