不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース3/27、リストラや下方修正が多い1週間

週刊不景気ニュース3/27、リストラや下方修正が多い1週間

週刊不景気ニュース3/27、リストラや下方修正が多い1週間

3月21日から27日までに起こった不景気な出来事を総括する「週刊不景気ニュース」。人員削減や業績の赤字修正、倒産の話題が中心の1週間となりました。

破産申請(準備含む)により倒産したのは、長野のゴルフ場経営「木曽御岳観光開発」、神奈川の水産物加工「ジャパンフードシステム」、福岡のイベント企画・運営「ビーアイシー」、群馬の建築業「サンエイ」。また、民事再生法を申請したのは、北海道のゴルフ場経営「美々リゾート」、熊本の同じくゴルフ場経営「ザ・マスターズコーポレーション」、鳥取の宝飾品販売「ナカニシ」。

一方、人員削減を発表したのは、カツラ最大手の「ユニヘアー」(旧アデランス)で400名、建設業の「東洋建設」で80名、英銀行大手の「ロイズ・バンキング・グループ」で570名。また、すでに公表してた人員削減策への応募者数を発表したのは、工業機器メーカーの「横河電機」で261名、送風機メーカーの「ローヤル電機」で23名となっています。

そのほか、業績の赤字予想を明らかにしたのは、ステンレス鋼メーカーの「日本冶金工業」、物流業の「櫻島埠頭」、建材リースの「丸紅建材リース」、宴会場・レストラン経営の「東京會舘」、電子関連部材製造の「有沢製作所」、プレハブリース大手の「東海リース」。

また、マザーズに上場する飲食店向け人材派遣業「リンク・ワン」の上場廃止が決定しています。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事