不景気.com > 国内リストラ > 日本ビクターの希望退職者募集に738名が応募、想定の5割増

日本ビクターの希望退職者募集に738名が応募、想定の5割増

日本ビクターの希望退職者募集に738名が応募、想定の5割増

東証1部上場の「JVC・ケンウッド・ホールディングス」は、昨年12月24日付で公表していた子会社「日本ビクター」における早期希望退職者募集に738名が応募したことを明らかにしました。

対象となったのは出向者を含む勤続5年以上の社員で、退職日は3月31日。当初の募集人員500名に対し約5割多い応募者数となりました。

円高の進行や新興国メーカーとの競争激化で販売が落ち込んでいることに加え、カーエレクトロニクス事業など国内の運営体制および生産・販管体制の見直しを行うことから、今回の大規模削減に踏み切ったようです。

なお、この施策に伴う退職加算金等の支出として約25億円の追加費用を計上するとのこと。

早期希望退職者募集の結果に関するお知らせ:JVCケンウッドホールディングス

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事