不景気.com > 国内リストラ > 沖電気の早期退職優遇制度に1018名が応募、想定通り

沖電気の早期退職優遇制度に1018名が応募、想定通り

沖電気の早期退職優遇制度に1018名が応募、想定通り

東証・大証1部上場の「沖電気工業」(OKI)は、昨年11月9日付で公表していた早期退職優遇制度に1018名が応募したことを明らかにしました。

対象となったのは、同社およびグループ会社に従事する勤続5年以上の正社員のうち、満50歳以上の管理職および満40歳以上の一般社員で、退職日は2010年12月20日から2月28日までの期間。従来より実施している転職支援制度などと合わせた約1000名の募集に対し、ほぼ想定通りの応募者数となりました。

この施策に伴い、退職加算金等の支出として92億円の特別損失を計上する見込みで、業績予想の修正が必要な場合は判明次第公表するとのこと。

「早期退職優遇制度」の実施結果に関するお知らせ|OKI

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事