不景気.com > 不景気ニュース > モザイク銀座阪急が来年8月で閉店、立ち退き訴訟の和解で

モザイク銀座阪急が来年8月で閉店、立ち退き訴訟の和解で

モザイク銀座阪急が来年8月で閉店、立ち退き訴訟の和解で

エイチ・ツー・オー・リテイリングは、子会社の「阪急商業開発」が運営する専門店街「モザイク銀座阪急」を2012年8月に閉店すると発表しました。

同店が入居するビルの所有者から、建て替えのため立ち退きを求め訴訟を起こされていた問題で、立退保証金の支払いや今後の賃料免除などにより和解が成立したため、賃貸借契約の解除で合意に至ったとのこと。

モザイク銀座阪急は、1956年に開店した「数寄屋橋阪急」を前身として2004年に専門店街に転換し、当地にて50年以上にわたり営業を続けていたものの、2007年にビルの所有者が変わったことで、2009年には立ち退きを求め提訴されていました。

和解による訴訟の解決に関するお知らせ:エイチ・ツー・オー・リテイリング

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事