不景気.com > 企業不況 > マネックス証券が債権13億円の取立不能のおそれ、株価急落で

マネックス証券が債権13億円の取立不能のおそれ、株価急落で

マネックス証券が債権13億円の取立不能のおそれ、株価急落で

東証1部上場「マネックスグループ」の証券子会社「マネックス証券」は、決済不足金において取立不能のおそれが発生していることを明らかにしました。

東日本大震災による株式相場の急落で、先物・オプション取引顧客などにおける決済損に対する不足金が約13億円発生しているためで、今後の相場動向によってはさらなる不足金の発生も想定されます。

なお、仮に不足金全額に対し損失処理をしたとしても、純資産に対する割合は少ないため業績に与える影響は軽微とのこと。

債権取立不能のおそれに関するお知らせ:マネックスグループ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事