不景気.com > 国内倒産 > ホテル経営の「コーラク」が特別清算を申請、負債120億

ホテル経営の「コーラク」が特別清算を申請、負債120億

ホテル経営の「コーラク」が特別清算を申請、負債120億

信用調査会社の帝国データバンクによると、東京都中央区に本拠を置くホテル経営の「コーラク」は、3月4日付で東京地方裁判所へ特別清算を申請したことが明らかになりました。

1952年に設立の同社は、「ホテルニュー塩原」の商号にてホテル経営を展開し、関連会社などを含め岡部グループを形成し栃木や静岡で事業を行っていました。

しかし、バブル崩壊や旅行スタイルの多様化などから客足が落ち込むと業績が悪化。資金繰りに逼迫したため会社分割により新会社へ事業を継承し、自らは清算目的会社として事後処理に当たっていました。

同調査会社によると、関係会社の「さつきサービス」「関盛商事」も同様の措置がとられ、3社合計の負債総額は約120億円の見通し。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事