不景気.com > 国内倒産 > メモリー製造「ハギワラシスコム」が民事再生法申請、負債100億

メモリー製造「ハギワラシスコム」が民事再生法申請、負債100億

メモリー製造「ハギワラシスコム」が民事再生法申請、負債100億

愛知県名古屋市に本拠を置く各種メモリー製品製造販売の「ハギワラシスコム」は、3月31日付で名古屋地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1927年に金属精錬業として開業の同社は、1989年に現商号へ改称するとパソコン周辺機器分野に進出し、以後はメモリーカード・フラッシュメモリー・メモリーモジュールなどの製造販売を主力に事業を展開していました。

しかし、新興国メーカーの台頭などで価格競争が激化したことに加え、景気低迷による受注の減少も重なり業績が悪化。資金繰りに行き詰まり、自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

東京商工リサーチおよび帝国データバンクによると、負債総額は約100億円の見通し。

ハギワラシスコムが民事再生法適用を申請 - MSN産経ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事