不景気.com > 国内倒産 > カジュアルウェア販売の「サム&カンパニー」が民事再生法申請

カジュアルウェア販売の「サム&カンパニー」が民事再生法申請

カジュアルウェア販売の「サム&カンパニー」が民事再生法申請

帝国データバンクによると、埼玉県川口市に本拠を置くカジュアルウェア販売の「サム&カンパニー」は、3月14日付で東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1951年に創業の同社は、「カジュアルハウス306」の店舗名で若者向けウェアの販売を手掛け、東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・宮城などで全45店舗(09年8月時点)を展開するなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みから売上が大幅に減少したほか、価格競争の激化による収益性の低下も重なり業績が悪化。自力での再建を断念し今回の措置に至ったようです。

負債総額は約44億円の見通し。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事