不景気.com > 海外リストラ > AOLがインドを中心に900名の人員削減へ、全従業員の2割

AOLがインドを中心に900名の人員削減へ、全従業員の2割

AOLがインドを中心に900名の人員削減へ、全従業員の2割

アメリカのインターネットサービス大手「AOL」は、全従業員の約2割の相当する900名の人員削減を明らかにしました。

新興メディアサイトの「ハフィントンポスト」を買収したことに伴い、余剰人員の削減により収益性を高めるのが狙いで、対象となるのはインド国内にて勤務する400名の正社員と委託社員300名、アメリカ国内の200名となる見通し。

競争激化により業績が悪化している同社は、景気低迷が顕著になった2009年以降、数千名規模の人員削減を行ったものの、さらなる合理化が必要と判断し今回の削減に踏み切ったようです。

AOL to cut 20% of its jobs - Los Angeles Times

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事