不景気.com > 国内倒産 > 秋田の土木建築「東翔」が自己破産申請し倒産へ

秋田の土木建築「東翔」が自己破産申請し倒産へ

秋田の土木建築「東翔」が自己破産申請し倒産へ

秋田県横手市に本拠を置く土木建築の「東翔」は、3月11日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入り倒産する見通しが明らかになりました。

1949年に創業の同社は、土木建築や鋼構造物の工事業者として長い業歴を誇り、同市内に鉄骨加工を行うスチールセンターを保有するほか、仙台にも営業所を開設するなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷による公共工事の縮減や民間の設備投資抑制で受注が大幅に減少すると、工場新設などの投資が重しとなり資金繰りが悪化。これ以上の事業継続は困難と判断し今回の措置に至ったようです。

負債総額は10億円を超える見通し。

(株)東翔~破産手続開始申立準備(東京経済) - livedoor ニュース

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事