不景気.com > 赤字決算 > 内田洋行の11年7月期第2四半期は純損益15億円の赤字見通し

内田洋行の11年7月期第2四半期は純損益15億円の赤字見通し

内田洋行の11年7月期第2四半期は純損益15億円の赤字見通し

東証・大証1部上場のオフィス家具大手「内田洋行」は、2011年7月期第2四半期(累計)の連結業績予想を下方修正し、四半期純損益が15億円の赤字に陥る見通しを明らかにしました。

2011年7月期第2四半期(累計)連結業績予想:内田洋行

売上高 営業損益 純損益
前回予想(2Q) 550億円 △6億円 △5億円
今回予想(2Q) 525億円 △18億円 △15億円
前期実績(2Q) 541億7300万円 △12億円 △10億3400万円

遠隔会議システムなど空間構築ビジネスに注力しているものの、景気低迷による民間企業の設備投資抑制で主力のオフィス家具事業における売上減を補いきれず、前回予想に比べ売上高で25億円の減少を見込み、収益面でも前回予想を下回る見通しとなりました。

業績予想の修正に関するお知らせ:内田洋行

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事