不景気.com > 企業不況 > テンポスが子会社「ハマケン」に対する債権2.40億円を放棄

テンポスが子会社「ハマケン」に対する債権2.40億円を放棄

テンポスが子会社「ハマケン」に対する債権2.40億円を放棄

ジャスダック上場の中古厨房機器販売「テンポスバスターズ」は、連結子会社の内装工事業「ハマケン」に対する債権2億4000万円について債権放棄すると発表しました。

既存事業との相乗効果を狙い2006年に同子会社の株式を取得したものの、期待ほどの相乗効果が得られなかったことに加え、景気低迷の中で経営資源の集中が必要と判断。保有する同子会社の株式を譲渡し連結対象外とするほか、貸付金・未収金など当該債権額の放棄を決定したようです。

この措置に伴い、2011年4月期決算において約2億9000万円の特別損失を計上する見込みで、通期業績予想に与える影響については精査中のため、確定次第明らかにするとのこと。

なお、前述した貸付金の担保としてハマケンから差し出されていた子会社「テンポハンズ」の全株式が、テンポスバスターズへ異動となっています。

株式会社テンポハンズの株式の取得及び連結子会社の株式譲渡及び連結子会社に対する債権放棄に関するお知らせ:テンポスバスターズ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事