不景気.com > 不景気ニュース > そごう八王子店が来年1月に閉鎖、29年の歴史に幕

そごう八王子店が来年1月に閉鎖、29年の歴史に幕

そごう八王子店が来年1月に閉鎖、29年の歴史に幕

セブン&アイ・ホールディングスは、傘下の「そごう・西武」が運営する「そごう八王子店」を2012年1月31日で閉店すると発表しました。

1983年にオープンの同店は、JR八王子駅に直結する地下1階・地上10階の郊外型百貨店で、1998年には増床、2008年には全館リニューアルを行うなど、八王子中心街の顔として広く親しまれていました。

しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みなどで売上が減少すると、都心部の百貨店や他業態との熾烈な競争により収益も悪化。今後も業績回復が見込めないと判断し、やむなく閉店の決定に至ったようです。

店舗閉鎖に関するお知らせ:セブン&アイ・ホールディングス

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事