不景気.com > 企業不況 > 櫻護謨が「キューバ国立銀行」に対する債権3.47億円を放棄

櫻護謨が「キューバ国立銀行」に対する債権3.47億円を放棄

櫻護謨が「キューバ国立銀行」に対する債権3.47億円を放棄

東証2部上場の消防防災機器・工業用品メーカー「櫻護謨」(桜ゴム)は、キューバ国立銀行に対し保有する債権3億4700万円について債権放棄すると発表しました。

対象となった債権確定額3億6500万円のうち、その5%に相当する1800万円については現金で支払われ、残りの95%部分については債権放棄することで合意に至ったとのこと。なお、同社純資産に対する当該債権放棄額の割合は11.7%。

1980年代に行ったキューバ国営企業への製品販売において、同国内の経済・財政悪化で決済条件となっていたキューバ国立銀行発行の信用状決済が停止。1999年以降、数回にわたり支払条件の緩和などで債権回収に努め、最終的に今回の決定となったようです。

債権放棄に関するお知らせ:櫻護謨

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事