不景気.com > 国内倒産 > 「Real Asset Management」に破産決定、グローバルアイズ関連

「Real Asset Management」に破産決定、グローバルアイズ関連

「Real Asset Management」に破産決定、グローバルアイズ関連

東京都中央区に本拠を置く投資顧問会社の「Real Asset Management」は、2010年11月12日付で債権者により破産を申し立てられた後、2月2日付で東京地方裁判所から同手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

東京商工リサーチによると、2009年に「AMIDA」として設立の同社は、「グローバルアイズ」の関連企業として投資顧問を主力に事業を展開していました。

しかし、グローバルアイズが高齢者などを相手に無許可で投資話を持ち掛けたとして、金融商品取引法違反の容疑により家宅捜索を受けると、預託金の返還を求める訴訟が相次ぐ一方、資金返還に応じない姿勢を見せるなど事態は泥沼化したため、グローバルアイズとともに債権者から破産を申し立てられていました。

東京商工リサーチによると、負債総額は約23億円の見通し。

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事