不景気.com > 国内倒産 > 山梨の羽毛ふとん製造「織元」が自己破産申請し倒産へ

山梨の羽毛ふとん製造「織元」が自己破産申請し倒産へ

山梨の羽毛ふとん製造「織元」が自己破産申請し倒産へ

山梨県都留市に本拠を置く寝具製造の「織元」は、2月21日付で事業を停止し事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入り倒産する見通しが明らかになりました。

1997年に設立の同社は、高級羽毛ふとんの製造を主力とするほか、羊毛ふとんや健康寝具・インテリアグッズの製造も手掛け、建坪300坪・生産能力500枚/1日を誇る工場を所有するなど事業を拡大していました。

しかし、景気低迷に伴う個人消費の落ち込みなどから売上が大幅に減少すると、多額の借入金が資金繰りを逼迫。各種リストラ策による生き残りを目指したものの状況は好転せず、やむなく今回の措置に至ったようです。

信用調査会社の東京経済によると、2010年4月期時点の負債総額は約16億円の見通し。

(株)織元~弁護士一任 大型倒産情報:niftyビジネス

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事