不景気.com > 国内倒産 > 神戸の旗類製造「溝田旗工業」が自己破産申請し倒産へ

神戸の旗類製造「溝田旗工業」が自己破産申請し倒産へ

神戸の旗類製造「溝田旗工業」が自己破産申請し倒産へ

毎日新聞(電子版)によると、兵庫県神戸市に本拠を置く旗類製造の「溝田旗工業」は、2月1日までに事業を停止し自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

1930年に「溝田旗店」として創業の同社は、旗・のぼり・のれんのプリントや縫製加工を主力に事業を展開。また、1984年に2代目社長として就任した溝田弘利氏のもと、「神戸弘陵学園高校」や「エドモンズ大学日本校」などの学校経営のほかスポーツクラブ・温浴施設などに事業を拡大していました。

しかし、バブル崩壊で多角化に失敗すると、1996年には3代目社長のもと本業に回帰したことで、その後の業績は順調に推移していたものの、景気低迷による売上の減少で再び業績が悪化すると、これ以上の事業継続は困難との判断に至り今回の措置となったようです。

溝田旗工業:自己破産申請へ - 毎日jp(毎日新聞)

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事