不景気.com > 企業不況 > リンク・ワンが1.60億円の債務免除受ける、時価総額審査へ

リンク・ワンが1.60億円の債務免除受ける、時価総額審査へ

リンク・ワンが1.60億円の債務免除受ける、時価総額審査へ

東証マザーズ上場の飲食店向け人材派遣業「リンク・ワン」は、筆頭株主の「Eオーナーズ」から1億6000万円の債務免除を受けると発表しました。

業績の悪化から債務超過に転落した同社は、2月28日を期限とする上場廃止の猶予期間入り銘柄に指定されているものの、第3四半期末時点においても2億5245万円の債務超過に陥っていることから、債務超過の解消を目指し今回の合意に至ったようです。

債務総額に対する免除額の割合は31.3%となり、そのため東京証券取引所は同社株式の時価総額審査を開始し、2月26日から3月25日までの1ヶ月間の平均時価総額と、最終日の時価総額がともに5億円以上となった場合は上場が維持されます。

事業再生計画の成立及び債務免除に関するお知らせ:リンク・ワン

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事